事業者探し

障害者は就職し易い環境があり、雇用条件もこれまでは非正規での雇用が多かったのですが、最近では正社員登用なども増え、キャリアプランを構築しやすくなっています。 また、就職する際に受ける支援サービスもこのような障害者が就職し易い環境があることから支援を行っている事業者も専門のサービスを提供しています。専門のサービスには一定期間を派遣社員として勤務後に直接雇用を行う紹介予定派遣や代行して求人紹介や雇用の交渉と調整を行う紹介サービスを行っており、参入する事業も増えているので、障害者が就職する際の選択肢を広げることに繋がっています。

支援を行っている事業者を利用する方法は、まず支援を専門に行っている事業者を探すことから始まります。多くが人材派遣会社の関連会社であるケースが多いので、大手の企業を探してみると専門の事業者を探すことができます。また、この方法は大手の企業から探すので、同じグループということもあり、安心感も持てます。 事業者が決まるとホームページから仮登録を行います。後日、担当者から連絡があり、実際に事業所に行き、担当者との面談が行われます。面談はこれまでの職歴や希望の業界、業種などヒアリングが行われ、紹介できる求人がある時は、その場で紹介があります。紹介された求人を希望する場合は、担当者が求人企業へ代行して交渉などを行ってくれます。