人気の理由

企業に対しての障害者の雇用率が決まっているので、雇用する労働者の2.0%に相当する障害者を雇用することを義務づけられているのです。 この条件を満たさない場合企業から納付税というものを徴収しているのでこの納付税元に雇用義務数より多くの障害者を雇用する企業に必要な助成したりしています。 又、障害者に職業訓練や職業につく環境を提供やリハビリテーションなどの実施を行い、知的障害者や身体障害者などそれぞれの障害者の特性の応じて相応の支援が実施されていくのす。 自立した生活を送ることを目的とした支援になっているので社会貢献に繋がる生活を目的としています。

の就職に至るまでは、職業訓練と言われる授産施設などで仕事のスキルを身につけることが出来ます。 働いている環境についても支援がありジョブコーチが職場環境に適応するまで支援を行っていくのです。 企業側の協力も必要不可欠になっていきます。 職場に定着してからも障害者によっては多くの問題点がありコミニケーション能力の向上や職場に適した技術を作り上げる能力の向上を目的としているのです。 職場の人間関係の構築や仕事の完成度の具合をみて少しずつジョブコーチが距離を置き職場内で独立して働いて行くことが出来るように仕上げていくのです。 目的や目標の芯をしっかりと作り目的意識を持って貰うことで仕事に対しても励みが持てるようになり社気貢献にも健常者と同じように活躍することが出来るのです。